ウラナイナナカ

占い師未満、雨宮ななかの覚え書き。

毎日の運勢を占った結果を検証する意味について

ななかです。

 

最近、たびたびその日1日の運勢を占った結果をTwitterに投稿しています。

11月27日はこんな感じ。

(なぜ「気まぐれ」かというと、バッタバタで占いなんてやってらんねえ!という朝もあるので……)

 

基本的にはこのツイートが目に入った人に向けてやっていることなのですが、たまに本当に気が向いた時だけ自分のもします。

そしてごくごくたまにその結果も一緒にツイートします。

いつもは特に意識することなく、ツイートして終わりって感じだったのですが、振り返りの大切さを実感した出来事があったので、少し考えてみました!

 

 

ちなみに、11月27日の自分の運勢

 

そしてこの日の出来事で、これ「世界」のカードかも!と感じる出来事があり、振り返りって大事だな〜と思うに至ったわけです。

(これも書いてたけどあまりにも長くなったのでボツしました……)

 

ななかが考える、結果検証の意味

あくまでも個人的意見なので、他の占い師さんたちはもっと違う意味でやってらっしゃるのかもしれません。

その辺も機会があれば聞いてみたいなあと思っています……!

 

①カードの意味の実生活への応用の仕方を学べる

卜占やってらっしゃる方は、何でパターンの意味を覚えましたか?

(タロットならカード、ジオマンシーならシンボルなど……)

 

たぶん初めはインターネットや書籍などで独学された人が多いんじゃないかなと思います。

教科書的な意味を勉強するなら独学で十分かと思うのですが、実際に占いの現場で使うとなるとどう応用すればいいのかが分かりづらいんですよね……。

(わたしだけでしょうか……?)

 

実際に人間の生活に当てはめた時に、このパターンはどういうものを意味するのか?

それを自分の1日の体験をもって実感できるのがいいところです♡

 

②「気づく」力を鍛える

①のような実感を得るために必要なことが、「この現象、あのカードで出た!」とひらめくことです(「あの問題、○○ゼミで出た!」的なアレです)

 

この気づきの力って占いをする・される上ではかなり重要。

卜占は出たものをパッと見た時の直感で意味を読み取ることも多いので、占いする側にこのような直観力が大切なのは想像つくかと思います。

では占いされる側ではどうかというと、占いの結果を真に活かすためには出た要素を自分の状況に当てはめる作業が必要です。

 

ここも占い師のパートやろと言われたらぐうの音も出ないのですが……

文字数の限られたTwitterでの占いなどではなかなかサポートしづらいところなので、相談メッセージ打った時間を無駄にしないためにも、やれて損はないですよ♡

 

なので占いされない方は、誰かがやってる今日の運勢を覚えておいて、当てはまることがあったかを考えてみるといいかもしれません。

 

③単純にネタ切れしない練習素材になる

これはもう解説するまでも無いですね。

その日の運勢は、生きている限りネタが切れることがありません。

占いを練習するにあたって、ネタ切れって結構ぶち当たる壁だったりするので……。

(ネタ収集のためにマシュマロやってるところもある)

 

検証するのはその日の運勢が適切だと思う

タロットカードのような卜占は、一般的に自分を占うのに適さないと言われます。

これは本人の願望が結果に影響したり、都合の良い解釈をしてしまったりしがちであるためです。

 

でもその日1日の運勢ってめっちゃ勝負の日でもない限り、そんな強い願望が出ることがありません。

(いい日になればいいな〜程度はあるでしょうが。)

また、その日!としているので検証がしやすいのもポイントかなあと思います。

 

 

こんな感じのことをふと考えていました!

結果検証になれてきたら、その過程も公開してみたいなあと思いますが、公開できない内容だったりすることも多いので難しいですね〜。